ファクタリングなら即日での現金化も可能

ファクタリングとは、サービス提供会社が企業の売掛債権を購入し、現金を支払うと言う取引です。

日本国内の多くの企業は、サービスや商品の代金を後払い方式にしており、支払期日の前の段階で、未払いになっている売上金のことを売掛債権といいます。この売掛債権は、基本的には支払い期日が来れば入金されますが、それ以前に現金が必要になってくるケースが会社を経営していると起こりえます。大手企業であれば内部に留保金があったり、銀行からの融資を受けて現金を調達することができますが、事業規模の小さい中小企業等は資金繰りに余裕がなく、銀行の融資も受けられないこともあります。

そんな時に頼りになるサービスがファクタリングで、本来は期日まで入金を待たなければならない売掛債権を、最短即日で現金化することができます。売掛債権の信用性が非常に高いので、担保が必要なく銀行での融資のような厳しい審査もありません。

サービスを利用する際に手数料がかかりますが、企業にとっては即日で現金化できるメリットの方が大きいことがほとんどです。資金調達に苦心する多くの中小企業にとって、必要な時に必要な分の売り上げを最短即日で現金ができるというサービスは、非常に便利で心強いものです。このような背景から、ファクタリングの需要はだんだんと高まってきており、ファクタリングサービスを提供する会社も数多くなってきています。その中から、手数料や現金化にかかる時間、サービスの質などを考えて、より良い会社を選ぶことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *